0465879041

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
水曜日

足柄上郡の不動産|株式会社クロノスタイル > 株式会社クロノスタイルのスタッフブログ一覧 > フラット35の「メリット」と「デメリット」

フラット35の「メリット」と「デメリット」

カテゴリ:住宅ローン

フラット35とは全国300以上の金融機関が「住宅金融支援機構」と提携して扱う「全期間固定金利型住宅ローン」です。

フラット35の特徴

フラット35の最大の特徴は、最長35年間金利が固定型

フラット35の審査基準は銀行などの住宅ローンよりも借りやすい審査基準になっており、年収による制限がなく、団体信用生命保険(団信)への加入も任意という特徴を持っています。ただし、購入する住宅に対する条件があるという点も大きな特徴です。購入する住宅が、省エネ性能・耐震性・バリアフリー性・耐久性などの性能基準を満たし「適合証明」を取得することで5年間または10年間の金利優遇が受けられる「フラット35S」を利用することもできます。

一般の金融機関の審査に比べ審査が通りやすいと言われていますが、すべての方に適した住宅ローンとは言い切れません。メリットデメリットを理解した上で検討してください。

〇フラット35の「メリット」

個人事業主、自営業の方も借りやすい

法人役員の方も決算書の提出がなく審査しやすい

法人役員の方も決算書の提出がなく審査しやすい

勤続年数が数か月でも審査可能

年収の制限がない

返済時に金利が上がったとしても返済額は変わらない

繰り上げ返済の手数料が無料

団体信用生命保険への加入が任意


✖フラット35の「デメリット」

住宅の技術基準があるため、物件の検査が必要

変動金利より金利が高い

返済時に金利が下がったとしても返済額は変わらない

窓口を持たない代理店が多く、借りた後の相談等が不便

保証料は無料だが事務手数料が掛かる 


まとめ

住宅ローン審査で悩みを持つお客様にご紹介するのが「フラット35」になりますが、
「フラット35」の審査で通らなければアウトみたいに捉え、不動産会社の営業マンの中にも「フラット35の審査で駄目だからもう見込みがない」とお客様を見限る担当も多くいます。
しかし実際は、「フラット35」で通らず一般的な金融機関で審査が通るケースも多数あります。
個人的なイメージでは、
□フラット35=審査基準は低いが事務的な審査で融通が利かない。
□民間金融機関=審査基準は厳しいが臨機応変に相談の余地がある。

≪ 前へ|住宅ローンが支払えなくなった場合の対処はどうする?   記事一覧   住宅ローンの審査基準|次へ ≫

トップへ戻る