0465879041

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
水曜日

足柄上郡の不動産|株式会社クロノスタイル > 株式会社クロノスタイルのスタッフブログ一覧 > 住宅ローンが支払えなくなった場合の対処はどうする?

住宅ローンが支払えなくなった場合の対処はどうする?

カテゴリ:住まいにまつわる豆知識

失業や転職などによる収入の減少によって、住宅ローンが支払えなくなることは、珍しい話ではありません。特に現在はコロナ禍の影響から「住宅ローンが支払えない」という人が増えているようです。


 

住宅ローンの支払いが出来なくなった場合の対処法

金融機関へ支払い方法変更の相談

 具体的な支払い方法の変更は主に以下の4つになります。

 ●返済期間の延長

 ●返済猶予(元金据え置き)

 ●ボーナス払いの見直し

 ●金利タイプの変更

 

金利タイプの変更

 金利の高い「固定金利」の住宅ローンを組んでいる人であれば、金利の低い「変動金利」に変更することで、支払総額が減り、毎月の返済額を減らすことができます。

 

住宅を売却する

 住宅ローンの支払方法を変更できなかった、もしくは変更しても支払うことができない場合は、住宅の売却を検討しなければいけません。

せっかく購入した住宅を売却するのは非常に残念ですが、競売にかけられると通常の売却価格よりも安い価格で売られてしまいます。

 

リースバック

リースバックとは住宅を専門の不動産会社に売却してローンを完済し、その後売却した住宅に賃貸として住むことができるサービスです。また将来的には資金を貯めて売却した住宅を買い戻すこともできます。

 

まとめ

一番重要なのは、支払が出来なくなる前に一人で悩まずに相談し行動することです。
悩みを抱え込み立ち止まってしまう気持ちもわかりますが、行動することで何かが変わります。
誰に、何を、相談したらよいのか分からなくても大丈夫です。
聴く相手を間違えていたら間違えを教えてくれるはずです。
rial and error 失敗を重ねていくうちに、解決するに至るはずです。
≪ 前へ|クロノスタイルの「スタイル」   記事一覧   フラット35の「メリット」と「デメリット」|次へ ≫

トップへ戻る