0465879041

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
水曜日

足柄上郡の不動産|株式会社クロノスタイル > 株式会社クロノスタイルのスタッフブログ一覧 > マイホーム売却時の 領収書の印紙

マイホーム売却時の 領収書の印紙

カテゴリ:住まいにまつわる豆知識

収入印紙とは、租税や手数料、その他の収納金微収のために政府が発行する証票です。「5万円未満は非課税でしょ?」程度に聞いたことはあっても、収入印紙が不必要な場合もある事をご存じですか?

売上代金に係る金銭の受取書にも印紙税が課税されます。不動産会社等が不動産を売却した領収書には、印紙を貼らなければなりませんが、

一般の個人が売主となりマイホームやセカンドハウスを売買する場合、発行する領収書には営業に関しない受取書として印紙税は不要です。

 マイホーム・セカンドハウス以外の不動産については、印紙税がかかる場合があります。

不動産業者が売主として領収書を交付する場合は営業に関するものとなるが、事業者でない一般の個人の売主が、自宅の土地建物を売却して領収書を交付する場合は、営業に関しないものとして非課税となる。つまり売主が一般の個人である場合は、原則として印紙を貼る必要がないということである。

≪ 前へ|テーブルの 配置とサイズ   記事一覧   時効の援用|次へ ≫

トップへ戻る